□  2005.01 □  12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫02
プロフィール

密。

  • Author:密。
  • *みつじゃなくてヒソカです。
    ペンシルバニア州にある大学を今年の5月卒業しました。現在、発音・アクセントを上達させるべくスピーチセラピーに通いながら、就職活動中。

    リンクは歓迎です!でも後で一報頂けると大変喜びます。ですが、アダルトサイト系はお断りします。(c)ヒトリゴトin Philly 密。 All rights reserved.
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
背景色変更
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
そしてさらに一週間。
明日(というより既に今日。)アメリカに戻ることになりました。突然の入院と手術で2週間伸びてしまった渡米は少し私を不安にはしています。だけど、何より思うのが飛行機の中でなくて良かった。アメリカでなくて良かったって事です。どんなに一人がいいからと言ってもやっぱり住み慣れない土地でいきなり入院・手術は心細くなってしまいます。

26日にもう一度傷の状態を見てもらって普通の生活に戻っても大丈夫だとも言われたので29に戻ることしました。今までのんびりしていた分(不安でいたわりにはかなりのんびりしていた気がする。。。)帰ってからしっかりしないと!!友達に状況を聞くとかなりの大雪らしいのではたして無事予定通りに付く事ができるのかどうかが心配です。。。
スポンサーサイト
2005.01.29(Sat)  日常COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
いつの間にか10日以上。
12日に緊急入院をして一週間後に退院して今は自宅療養中です。本当なら14日にアメリカに戻り18日から授業に出る予定だったのに予定が大幅に狂ってしまいました。今は傷口の痛みもましになり、少しずつ体力も取り戻しています。

29日アメリカに戻り学校に戻りますがこの遅れをどう取り戻すかが問題で今、かなり不安です。
2005.01.22(Sat)  日常COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
Cell phone
母が本日より携帯を持つことになりました。
まだ携帯が出始めた頃、父が母に持たせた事があったのですがほとんど使わなかったため、返してしまったのですが、機能、大きさ等が発達して公衆電話も少なくなり始めた今、不便さを感じ出して再び持つことに決めたらしいです。私が持つわけではないのに何故かウキウキします。
2005.01.09(Sun)  日常COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ハウルの動く城
映画を見て来ました。
色々な情報で木村拓哉さんのハウルの声がイマイチだという人が多かったのですが、私はソフィの声がイマイチでした。おばあさんソフィは良かったのですが、若い頃のソフィは。。。少々ムリがありました。

全体的には良かったです。もう一度見たら何か印象がかわるかもしれません。
土曜日という事もあり、子供達がお母さん達とたくさん来ていて自分の幼い日のことを思い出しました。宮崎さんが関る作品は年齢関係なく楽しめるので
元気になりたい時は見たい映画です。

久石さんの音楽も好きで特に「風の通り道(?)」がお気に入りで鬱々となった時は必ず聞く一曲です。何故か何度聞いても飽きる事がなく、聞く度に心が癒されるので手放せません。今のところ、「風の通り道」よりステキな曲には出会っていません。。。
2005.01.08(Sat)  MoviesCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
デコ電!
今日テレビでデコ電の事を知りました。
最初、デコトラの電車バージョンだと思っていたので正解をして少し驚きました。しかもお値段が3万円だったり、5万円でとてもお高い!叶姉妹の美香さん(?)はそれに300万円かけているそう。

母が興味を示している(若い)ので母にしていただこうかと思います。私の周りにはデコ電をしている人がいないので直接目にすることはありませんがいつか本物を見てみたいです。

明日は抜糸の日+親友の家にお邪魔しに行くので大阪までチョっ旅に行ってきます。一年ぶりの友の顔を見られるので楽しみです。
2005.01.05(Wed)  日常COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
新年、温泉に行く。
島根県にある三大美人の湯に二泊三日の旅に家族で行ってきました。
泊まった宿は雰囲気、お料理が良く何よりお値段がお手ごろで
楽しい旅となりました。

出雲そばを食べたり、出雲大社にお参りをしたり、足立美術館に行って楽しい時間を過ごしました。本当はバラ園のある美術館に行きたかったのですが、足立美術館は妹も私も行ったことがなかったので一度は訪れてみたかったのでそちらを選んだのでした。一番興味深かったのは、「生の掛け軸」でこれは本当に絵のように見え美しかったです。庭園があるのですが、手入れが行き届いて、「世界が認めた庭園」と言われているのも頷けました。

最終日思わぬハプニングがあり、帰宅した今もそのハプニングのために家族全員で心配の渦中にあるのですが、無事に解決することを祈るばかりです。

2005.01.03(Mon)  TripCOMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。